目的に合わせて選択できる

値段もデザインも色々

オフィス

事務机をきちんと選ぶことは毎日、そして長期間使用されるという視点でみると、一見地味ながら実はとても大切な選択かもしれません。
それに頻繁に買い換えるものではないので、あらかじめ入念に吟味して事務机を探してみるのも良いかもしれません。
事務机には基本的なものでは三つの種類が存在しています。
机の片側に引き出しがあるのが片袖机で両側にあるのが両袖机、そして袖部分の引き出しがない平机です。
これ以外にもより多人数で使用するための机などいくつかの種類があるので、自身がどのようなイメージで職場やオフィスの構築を行なおうとしているか、あらかじめ明確しておくと事務机のチョイスが楽になります。
また平机に組み合わせて使うことができる袖机や、机の作業スペースの拡張が可能な脇机など便利なものもあって、より自由度の高いレイアウトが可能になっています。
もちろん各机には様々なデザインや値段設定があるので、目的や予算に合わせて無理のない範囲で多彩な選び方があると言って良いでしょう。
あとはその机の上でどのような作業をするのか、たとえば大きなモニターのパソコンを置くのならそれを考慮したサイズの事務机が必要になります。
また職場スペースに制限があるのなら、それに合わせたサイズとレイアウトを考えなければなりません。
このように一口に事務机と言っても意外に頭に入れなければならないことが多いので戸惑うこともあるかと思いますが、落ち着いて冷静に考えれば必ず最適な事務机選びができるでしょう。

スペースを考慮して選ぶ

メンズ

オフィスを構築する際には、事務机の準備が欠かすことができない。
オフィスでは事務机と椅子を配置することから始めることが通常であり、どのような事務机を選ぶかはオフィスのイメージや、使い勝手にも大きく影響するものとなる。
特に大規模なオフィスでは、多くの事務机を配置することになるため、導入時にどのような机を選ぶかが重要になってくる。
事務机によっては、台だけのものや、袖机なども予め付いているものなど様々だ。
袖机なども併せて導入したい場合には、セットになっている事務机を導入すると、デザインや使い勝手などが良くなるということがある。
これらの事務机では、1台当たり、1万円前後から購入できるものもあるが、機能面や頑丈さなどにより価格も大きく変わってくる。
袖机などがセットになっている事務机では価格が高くなる傾向があるが、その分使い勝手の良いものとなる。
また、事務机では大きさもポイントとなる。
狭い事務机の場合には作業効率が悪くなることがある。
反面、広すぎる場合には、事務所のスペースを多く取るため、広い事務スペースを用意しなければならなくなる。
その為、事務所のスペースに収容する人数と、その面積に合わせた大きさの机を選ぶことも導入時には重要だ。
大きな事務所では、1台当たりの価格が全体の導入コストに大きく影響されることになる。
その為、機能性と合わせて全体の導入コストなども考慮しながら選ぶことも重要な要素になっている。

実際に計って決めましょう

デスク

事務机はオフィスにとって欠かすことができないものです。
インターネットなどの通販で、自ら選んで事務机を購入することもあるでしょう。
その際の注意点をあげていきます。
まず間違えてはいけない点は、事務机のサイズです。
オフィスに対して机が大きすぎたり、机の数が多すぎるとオフィスが窮屈になってしまいます。
逆に机が小さすぎたり、少なすぎたりすると、仕事の効率が悪くなってしまうことでしょう。
一般的に事務机のサイズは、パソコンを使って作業する場合は、幅が120〜140センチ、奥行きは70センチとなっていますが、事務机の幅は80センチのものから180センチのものまで展開があり、奥行きは60センチ、70センチ、80センチと展開されています。
実際にオフィスで机を置くことができる場所のサイズを計り、オフィスに置きたい机の数を調べて、どれくらいのサイズの事務机を置くべきか計算した上での購入が必要です。
その際に机と机の間の通路の幅もしっかり確保するようにします。
机から椅子を引いた場合の引き幅も必要ですので、机と机の間の通路幅は1メートル50センチ前後が必要となってきます。
さらに事務机の高さのチェックも行います。
一般的には72センチ前後が使いやすい高さとされていますが、車椅子の方にはもう少し低めが使いやすいサイズとなっています。
また、女性が多い場合も少し低めのほうが便利かもしれません。
このような点をチェックした上で購入しましょう。

デスクを買い揃える

男の人と女の人

仕事で使う机には、機能性に優れた事務机を選ぶのがおすすめです。シンプルながらも必要最低限の機能が備わっており、快適に仕事を進めることができます。忘れてはならないのは、購入前のサイズ測定です。幅や奥行きを調べ、事務所内に必要数置けるかどうか調べておきましょう。

もっと読む

オフィスで使用する机

オフィスデスク

オフィス内の事務机をインターネットで購入する時は、傷がついていないかを確認することが大切です。また配送日時もしっかりと確認しましょう。また頑丈な机を選ぶと、地震災害などでも安心です。また複数人で使用する際は、仕切りがある机だと便利です。

もっと読む

オフィス業務の効率化

社内

事務机の配置方法には、対向式や同向式、背面型など様々な種類があります。それぞれの特徴があるので、社内の生産性から社員の集中力・作業効率、プライバシーやコミュニケーションなど業種ごとでも適した配置を選ぶのがいいでしょう。

もっと読む